災害時の燃料はどうすろの?BCP対策を考える

災害時の燃料はどうすろの?BCP対策を考える

BCP対策とは何か?

BCPとは、「Business Continuity Plan」の略語で、事業継続計画のことを指します。詳しくは、企業が自然災害やテロなどの非常事態に陥ったと想定した場合に、被るリスクや損害を最小限に抑え、事業を継続しながら機能停止してしまったものを早急に復旧させることができるよう、日常での活動や備え、緊急時の対応行動について取り決めた計画をいいます。

BCPでの燃料の確保と貯蔵の重要さ

災害時に燃料を確保することは非常に困難です。BCP対策において燃料を確保することができれば、事業の継続はたやすいものとなります。東日本大震災で多くの企業が、自動車や発電機の燃料不足という事態に直面していました。ガソリンスタンドで自動車が長蛇の列だったのは強い記憶として残っていると思います。沿岸部では甚大な被害を及ぼしましたが、例えば、自社内の地下に保管タンクや貯蔵庫を利用した燃料タンクがあれば水害にも耐えることができます。また、用地確保という点でも、場所をとることがありません。ただし、地下に貯蔵施設を設置するには多くの費用がかかること、また、危険性の問題から、燃料によっては危険物取扱の資格者配置が必要となるなど、ハードルは低くありません。自社内での燃料確保が難しい企業は、燃料を扱う専門業者に燃料タンクを確保してもらい、災害時に自動車などで運んでもらうサービスがあります。現在でも多くの企業では、燃料確保の点で十分な対策がとれておらず、効果的な対策を考える必要があるでしょう。

BCPとは、BusinessContinuityPlanの略であり、災害などリスクが発生したときに業務が中断しないようにすることで、総じてBCP対策と呼ばれています