包茎の治療法と包茎手術をする際の注意点とは?

包茎の治療法と包茎手術をする際の注意点とは?

包茎の3つの治療法と手術が最適な訳は?

包茎を治すための方法は主に3種類あると言われています。包茎手術、ペニスを大きくする、包茎矯正器具を使うことです。そんな中で、何故手術をすることが最適なのか。それは、効果が一番目にみえて確実だからです。ペニスを大きくすることや包茎矯正器具を使うことは、手術をするよりも比較的長い期間をかけて対処していくことになります。毎日サプリメントを飲み続けなければならないことや、ペニス矯正器具は合わなければなかなか効果が発揮しづらいとも言われています。ですので、包茎を治すのに高確率で効果が期待でき、あまり努力がいらない方法は手術だけですので、包茎をの治療を考えている人は手術を選択することがおすすめできます。

包茎手術をする際に一番注意しなけばならない点は?

包茎を治したくて手術を決意した人が一番注意しなければならないのは、やはりきちんとした腕のあるお医者さんのいるクリニックで手術を受けることが必要になります。腕の悪い医者に診てもらうと、もし失敗した時にペニスに傷が残りますし、失敗しなくても手術跡が残り、それがかえってコンプレックスになってしまう場合もあります。そのため、きちんとしたお医者さんに診てもらい、手術跡も残らない綺麗に手術してくれるお医者さんに診てもらうことが、包茎手術をする上で一番大切なことになります。泌尿器科とクリニックなど、それぞれ手術を受けることが出来ますが、クリニックの方が少し高額ですが、きちんと包茎の手術を行ってくれる場合が多いので、クリニックでの手術をすることがおすすめです。真性包茎の場合は泌尿器科でも保険の対象になるので、手術してもよいですがやはり、手術してくれるお医者さんの評判を見ることが一番重要です。

包茎とは、通常時に亀頭が皮で覆われたままの状態の事をいいます。また、皮の状態によって、仮性・カントン・真性と症状が異なります。