今さら聞けない!?CADってそもそも何だろう?

今さら聞けない!?CADってそもそも何だろう?

CADとは何なのか?

ビジネスの現場でCADと言う言葉をよく聞くという方は少なくないでしょう。

しかし、CADが一体どういうものなのかを理解している人は意外と少ないものです。

では、CADとは一体何なのかですが、Computer Aided Designの略で簡単に言えばコンピュータに設計を助けてもらうというソフトになります。

CADが登場する前は全て手作業で図面を作図していたのですが、CADが登場したことで大分簡略化されるようになったということです。

しかし、CADがこれだけ普及してきたのは最近の話といえるでしょう。

一昔前まではパソコンのスペックが低くまともにCADを動かせるパソコンが少なかったのですが、パソコンの性能が上がったことでCADという存在がかなり身近になってきました。

CADの特徴って何?

CADによって出来ることとはどのようなものなのでしょうか。

CADを使用する最大のメリットとも言えるのが正確に線を引けるということになるでしょう。

手作業で線を引いていた場合は、どうしても人間がやることなので微妙にずれなどが生じてしまうことがありますが、計ればきちんと正確な長さのものが描けるのです。

これは図面を設計する上で非常に重要度が高いのでCADはここまで普及した要因とも言えるでしょう。

コピーも自由で効率化

CADは手書きのものと違って作成したものをデータとして保存することになります。

手書きのものは原本を無くしてしまうとどうしようもなくなってしまいますが、CADデータならばコピーも自由なので管理も容易になります。

水道CADでは、水道の配管工事図面を作ることができます。最近ではマウスによるオペレーションのみで図面が作成でき、パソコンが不慣れな人でも扱えるようになっています。