スマートフォンの開発で大活躍「リバブレーションチャンバー 」

スマートフォンの開発で大活躍「リバブレーションチャンバー 」

小型化がすすむリバブレーションチャンバー

リバブレーションチャンバーは、反射する際の反響を調べるシステムや機械などを言います。無線アンテナを開発する段階で実反射する環境をチェックしたり、スマートフォンに使われている無線機用のテスターといっしょに利用することで、スマートフォンにある小型のアンテナの性能を測定することが可能です。リバブレーションチャンバーを利用することによって、優れた性能を持つスマートフォンなどを制作することができるようになりました。以前は実反射環境を制作しようとすると大きな設備や機械が必要になってしまい、大手企業が主に扱っていましたが、最近は高性能で小型化されている傾向があり、中小企業なども参入してきています。一般的な事務所でも、無線用アンテナの性能検査をすることが可能になりました。リバブレーションチャンバー自体の製造コストが下がってきているので、以前よりも安価で購入できるようになっています。

さまざまな検査が行えるリバブレーションチャンバー

リバブレーションチャンバーはスマートアンテナを評価することができるので、再現性を備えた実反射環境を作ることが可能です。最近は無線端末が非常に多くなり、開発においてさまざまな検査が必要になっています。リバブレーションチャンバーを利用することによって、無線端末に関する総放射電力、双方向性による受信感度やスループットなどの検査を行うことが可能になり、今や性能を評価したり製品を開発するのに欠かせない存在となりました。無線端末の発展によって無線技術も上がっているので、効率良く検査するためにリバブレーションチャンバーの今後ますますの活躍が期待されます。

リバブレーションチャンバーは、スマホなどの電子機器が発するノイズを測定する装置です。非常に小型なことが特徴で、事務所内に設置することすら可能です。