もしかしてこの不調・・・?と思ったら、心療内科を訪ねてみよう

もしかしてこの不調・・・?と思ったら、心療内科を訪ねてみよう

精神科と心療内科の違い

精神科はイメージが付きやすいけれど、心療内科って何?という方も少なくないかもしれません。心療内科は、体に症状があるのに具体的な症状が見つからない、ストレスが原因かもしれないという場合に活用しやすい診療科です。たとえば仕事が急に忙しくなってから胃が痛むようになった、特定の状況に見舞われると胸が激しく痛む、というような症状があり、もしかしてストレス?と思い当たる時に活用できます。頭痛が何週間も続いていて診察を受けたけれど、ストレスでは?と医師に言われたような場合でも、活用できます。

これで大丈夫、心療内科の上手なかかり方

他の診療科とかかり方が違う、ということはありません。予約をとって時間通りに行けば大丈夫です。待合室や診察室は、他の診療科とほぼ変わらないか、多少ゆったりした雰囲気で造られているくらいです。その他事前に準備しておいたほうがいいことも他の診療科とほぼ変わりません。いつからどのような症状が出るのか?どのような状況で起きるのか?他の診療科で診察を受けていたら、そこでどのような診断を受けたのか?アレルギーや持病はあるか?などを聞かれることと思います。さらに、なぜストレスが原因だと思うのかも伝えるとよいでしょう。症状が出て辛い時は口頭で伝えづらいこともあるので、事前にメモをまとめていくとスムーズに診察を受けられるでしょう。

専門家が寄り添う心強さ

ストレスが原因と分かれば、専門家によって薬の処方や相談療法などの治療を受けられます。身近な人に打ち明けづらい症状や課題を理解し、二人三脚でその解決に向き合ってくれる専門家がいるというのは心強いものです。もしかしてこの症状はストレスが原因かもと思ったら、ぜひ心療内科を訪ねてみてください。

岡山の心療内科では、様々な心の悩みに対応しており、一人ひとりに対して丁寧な診察を行っているため、初めてでも抵抗なく利用できます。